1年で30万円を1000万円にしたトレーダー☆powder snow☆のポジション&☆トータス☆の為替変動を気にせずレバレッジ30倍でスワップ運用する方法!!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ☆応援クリックよろしくお願いします☆
  FXスワップ派の短期トレーディング  FXスワップ派の短期トレディング  FXスワップ派の短期トレーディング
今日は私がスワップ運用をメインに行う理由です。
スワップ運用のメリットはなんといってもトレードに費やす時間がかからず、毎日利益を出し続けてくれることでしょう。

以前はデイトレードなんかもやってたりしましたが、常にPCに張り付いて分析するのはとにかく疲れるんです。(誰か周りにいないと寂しいし。。)

スワップ運用だと単にレバレッジを低めにポジィションをとるだけでも、年間10~20%程度の利益を確保できます。
為替差益は狙ったりしないでひたすら長期間待つだけです。
難しいテクニカル分析も必要ありません。

為替変動などによるリスクも分散投資、資金管理を徹底することによりかなり減らすことができます。
スワップ金利は自分で作る年金みたいなものですね。
もちろん金利差が続く限りですが。

最後にクリックお願いします。→  FXスワップ派の短期トーレディング


続きはまた。(FLASH素材の設置で疲れました)
スポンサーサイト

  ☆応援クリックよろしくお願いします☆
  FXスワップ派の短期トレーディング  FXスワップ派の短期トレディング  FXスワップ派の短期トレーディング
予告どおり私のスワップ運用の手法についてすこし触れてみたいと思います。
スワップ派といえば高金利通貨を低レバレッジで購入。
そして為替差損が発生してもロスカットすることなく、スワップ金利が積み上がるのをひたすら待つ。
通貨は一定のレンジで動くため、よほど悪いタイミングでポジションを作らない限り利益を出すことができると思います。

しかし去年からスワップ金利を目的にFX(外国為替証拠金取引)を始められた方の中には、12月からの円高局面で大きな損失をだしつつもひたすら耐えていたのではないでしょうか。
中には強制決済されて資金の大部分を失った方もいると思います。

たとえば去年人気のあったニュージーランドドルですが、12月に87円台に載せた後、今年の5月には67円台と半年足らずの間に約20円も下落したことになります。
これは仮に高値でポジションをレバレッジ約3倍、証拠金30万円で1枚買った場合。
半年後証拠金は3分の1である10万円になっていることになります。
(スワップ金利はこの間2万円程度にしかなりません。)

この例からわかるようにスワップ派にとって一番のリスクは為替変動リスクといえます。
そこでトータス流のスワップ運用では、為替変動リスクを極力減らすため複数通貨でポートフォリオを作ります。
よくリスク分散するために円がらみの通貨を複数持っている方を見かけますが、これでは円高に対するリスクヘッジにはならないように思います。

私のポートフォリオは去年からレバレッジ30倍で運用しておりますが、12月からの円高局面でもうまくリスクを回避し、スワップで利益を出し続けています。(予定利回り年率50%)



これは人気のある高金利通貨を比較したチャートですが、似た動きをすることが多いのに気が付くと思います。
複数通貨比較チャート


  ☆応援クリックよろしくお願いします☆
  FXスワップ派の短期トレーディング  FXスワップ派の短期トレディング  FXスワップ派の短期トレーディング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。